Shunosuke Ishikawa Digital Single "Mas Que Nada"  

DIGITAL SINGLE

"洗練されたプレイスタイル、様々なジャンルをクロスオーヴァーしながら現代的な感性でまとめあげるセンス、今要注目のサックスプレイヤー、石川周之介。ボサノヴァの名曲「Mas Que Nada(マシュ・ケ・ナダ)」を新世代ジャズ的な解釈でカヴァーしたダンサブルな配信限定シングル "

ーPOLYSTAR RECORDS 

「Mas Que Nada」

Musicians Credits

Sax : 石川周之介

Trumpet : 田中充

Trombone : 榎本裕介

Piano : 後藤魂

Bass : 寺尾陽介

Drums : 工藤明

SE : 石垣健太郎

Recorded at Volta Studio Tokyo, 2017 October 12th

Recording Engineer : Satoshi Hashimoto

iTunes Apple Music Spotify OTOTOY

リリース記念ライブのお知らせ

5.16(wed)

石川周之介「Mas Que Nada」リリース記念ライブ

@ 渋谷 JZ Brat

open 17:30 1st Start 19:30 2nd Start 21:00

予約¥4,000 当日¥4,500

Shunosuke Ishikawa

石川周之介

サックス/フルート/ボサノバギター奏者。明治大学ビッグサウンズソサエティー出身。米ニューオリンズ大学とオランダのロッテルダム音楽院でアメリカとヨーロッパ、それぞれ異なるスタイルのジャズを学んだ後、2007年に帰国。石川周之介カルテットをはじめとする自身のプロジェクトの他、中塚武、青木カレン、野宮真貴、畠山美由紀といった様々なアーティストのサポートを行う。演奏活動の他に、音楽誌「SAX WORLD」等での連載や、来日アーティストの通訳など、活動は多岐に渡る。2018 年1月からZOZOTOWNの新ブランド「ZOZO」のモデルを担当。

石川周之介Official Web Site 

石川周之介 セルフライナーノーツ

聴いていると思わず踊りたくなる。そんな力がブラジル音楽にあると思います。サンバをはじめ様々なダンスが根付いている国民性。僕の生まれた沖縄も同じテイストを感じます(笑)。

ショーロを源流とした伝統と、アメリカ発のジャズが融合し1950年台後半にボサノバが生まれ、さらにMPB、現在のブラジリアンポップスに至るまで、そこにはサンバがあるんだと感じます。

サンバをダンスと捉えるのなら、今回マシュケナダをアレンジするにあたり、ドラムンベースになったのは自然な流れでした。

僕らのマシュケナダを聴いて「踊りたい!」と感じて頂けたら最高です。

Takeshi Nakatsuka

中塚武

音楽家

石川周之介の描く音世界は、どうしてこんなに華やかで高い品位があるのだろう。

卓抜した演奏力、素晴らしいメンバーとの厚い信頼感、強固なのに柔軟なアンサンブル、そしてそれらをまとめあげる「美しさ」への研ぎ澄まされた感覚。どれを取っても超一級品。

石川周之介という音楽家の「いま」にどっぷりと浸れることの喜びと幸せ。

周さん、リリースおめでとう!…って言うかリリースありがとう! 中塚武より愛をこめて

Makoto Igarashi

五十嵐誠

イガバンBB

一握りの優れたプレイヤーは聴き手の時間軸を狂わせる事ができます。

時間と空間をぐにゃ〜っと曲げる事も出来るし、1曲をあっという間に聴かせる事が出来る。

この作品はまさにその真骨頂!複数の時間軸が交錯する周さんの世界観、最高です!

coming soon ...